LPGについて

Liquefied Petroleum Gas

LPG(エルピーガス)とは英語の「Liquefied(液化) Petroleum(石油) Gas(ガス)」の頭文字をとったもので、原油を精製分離して生産される、炭素と水素を主成分とするガスです。
その構成成分が炭素数(C3H8)の時はプロパン、炭素数4(C4H10)の時はブタンと大きく分けて2種類あります。
ご家庭で広く使われているのはプロパンで、お客様にはプロパンガスの愛称で親しまれています。

LPGについて

LPガス(プロパンガス)の特徴としては・・・

1:持ち運びが簡単で、様々な場所に供給できます。

  • LPガスは常温では気体ですが、この気体を少し加圧して放熱すると簡単に液体になります。
    この液体をLPG専用のボンベに詰めると、ずっと液化した状態で置くことが可能です。
    ですから、お家から遠く離れたバーベキューがしたい!と思ったときや、地震災害などの緊急時に火を使いたい!と思ったときに簡単にご利用できます。
    大きさもいろいろあります!持ち運びをご希望の方はご相談下さい。
  • 指定避難所
  • LPガスボンベ
  • 当社取り扱いLPガスボンベ全員集合!
    中身は実は液体です!

2:空気より重く、本当は無色無臭です。

LPガスの重さは空気の1.5倍。ガスが漏れると低い方へ流れ、床にたまります。
(※反対に都市ガスは空気より軽いので天井などの上部にたまります。)
LPガスは無色無臭のため、ガスが漏れたときすぐに分かるように、わざとニオイ(※よく「玉ねぎが腐ったようなニオイ」と言われます。)がつけられています。
もしガスくさいと思ったら、窓だけでなく、玄関や部屋の戸をあけて、ほうきでかき出すように換気を充分にしてください。

3:硫黄分が少なく毒性がないクリーンなガスです。

  • 大気汚染となる硫黄分をほとんど含んでおらず、とても地球に優しいガスです。
    LPガス(プロパンガス)には毒性ガスは全く含まれていませんので、吸っても生ガス中毒になることはありません。
  • 地球

4:LPG(エルピーガス)は高カロリーです。

  • LPガスがどのくらい高カロリーか、LPガスと同じような化石燃料である、大手都市ガス会社さんが供給しているガスと比べてみましょう。
    都市ガス会社さんが供給しているガスは、「都市ガス」もしくは「天然ガス=LNG(Liquefied Natural Gas)」と呼ばれ、主原料はメタンガスです。熱量(カロリー)を比較すると、大手都市ガスは発熱量が46MJ/m3≒11,000Kcal/m3、LPガスは約24,000Kcal/m3で、約2.18倍のカロリーがあります。
    ※お引越しなどで都市ガスからLPガスの供給に変わったというお客様は、器具をLPガス仕様に買い替え、もしくは改造する必要がありますので、ご注意下さい。
  • 厨房
  • プロパンガスならではの強火で作る中華料理!チャーハンもパラパラと美味しく出来上がります。

5:LPガス設備は供給設備と消費設備があります。

LPガスについてさらに詳しく知りたい方はどうぞこちらをご覧下さい!!
AllAboutLPG
アストモスエネルギー様ご提供

対応エリア
今治市内
松山市
東予地区全般

マイナビ

営業日カレンダー 営業日カレンダー
2019年 12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日