潮流

日本三代急潮の筆頭に挙げられる来島海峡(あと2つは鳴門海峡、関門海峡です。)は、海峡内の島々により4つの水道(西水道、中水道、東水道、来島ノ瀬戸)に分かれています。
潮流は最強時10ノット(1ノット=1,825m/h)を超えることがあり、所々に急潮や渦が生じています。
更に岩礁や暗礁が点在していて、航路が限られている上に、一日に1,200を超える船舶が航行する「海の難所」です。

閉じる