今治藩主の墓

今治城を築城した藩主藤堂高虎公の跡を継ぎ、寛永12年(1635)久松定房公が今治三万石としてこの地に封じられました。
久松家は、菅原道真の子孫ともいい、葵のご紋と深い関係のある家柄です。
久松定房公の父、定勝公の母は於大の方で、三河国岡崎城主徳川広忠の子家康と、久松定勝とは異父兄弟です。今治での久松家の治世は定房の移封後、廃藩置県により藩から今治県へと変わるまで十代に渡って続きました。
唐子浜を見下ろす、小高い丘の上には今治初代藩主定房、三代藩主定陳、四代藩主定基が祭られています。墓碑はいずれも巨大な宝篋印塔で、県指定の史跡となっています。

閉じる