城と継獅子

今治地方独特の獅子舞として全国的にも有名な継獅子(つぎじし)です。
一人、二人、三人・・・と肩の上に乗り重ねながら、天を仰ぎ、舞を舞う色とりどりの獅子は祭りの花形。
江戸時代の中期から盛んに行われるようになったこの獅子舞は地域によっては足場の安定しない船の上で演じられることもあります。
四継ぎともなるとその勇壮さに圧倒されます。

閉じる