赤灯台

唐子浜の沖にある赤い灯台。元々は海の難所として有名な来島海峡に西側から入ってくる船の道標として、鴻ノ瀬岩礁に明治35年(1902)日本で五番目の西洋式灯台として建設されました。
しかし、船の大型化により、灯台が立っていた岩礁自体が爆破される事になり、灯台もその役目を終えましたが、昭和53年(1978)に現在の場所に移され、夏には海水浴や潮干狩りで賑わう浜辺を見守っています。

閉じる